.

お茶は会社に入るとまず最初に教えてもらう仕事です。浮気 調査 探偵

自分や家族など親しい人にお茶を淹れたことはあっても、お客さんなどにお茶を出した経験はまずない状態で入社してきます。ミドリムシナチュラルリッチ

会社でのお茶だしは、お客さんと同じ会社の上司に出すことが多いです。自動車保険見積もりプレゼント

「上司」は偉いということで、結構な確率でお客さんからではなく上司からお茶を出してしまって、失敗する新入社員が多いです。

また、上座、下座が分かっていないので、お客さんでも出す順番を間違えてしまいます。

そのために、給湯室に簡単なお茶出しのルールの紙を貼り、もう少し詳しい説明の書かれた紙を新入社員に渡すようにしていますが、慣れるまで緊張もあり間違えてしまうこともあります。

そして、お茶は色がつけばいいと思っているのか、2人分なのに大量の茶葉を投入して、蒸らさずにお茶を淹れる人もいます。

本当のお茶の淹れ方は、湯飲みに一度入れたお湯を急須に入れて、蒸らしてから淹れるべきなことを教えないといけません。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.terasupito.com All Rights Reserved.