.

商店でみなの所有カードが使用可能なのではありません。クレカ会社の契約店は多くの場合、二つ以上のクレカの運営会社に入っていますが一軒一軒の店舗で全てのタイプのクレカが使えるわけじゃありません。例をあげれば昔からある商店の際だとJCBの付いたカードしか切れない状況もあるし近頃の契約店だったりするとビザとかマスターカードといった印の入っているやつしか使用不可な場合もよくあります。銀聯カードなんかのカード会社ならもっと決済不可なショップが増えるのではないでしょうか。どのクレカが使用可能かというのをどのように見分けたらいいものか「ではいかにして何のカードが決済可能かというのを見たらいいの?」というと、きちんとしたことをチェックするとしたら店舗の担当者に確認してみるしかないていうのが正直なところその答えになります。だがけっこうの数の店舗やホテルには見える部分に切れるカードのブランドが書かれた加盟ステッカーが貼られている理由から、「ふーんその店はダイナースカードが決済できるのか」という感じに一目でわかるようにされているため心配しないようにしていただけるとよいと思います。しっかりと確認が行き届いていない加入店で使うときにはロゴが掲げられている状況でも「現在ではお持ちのカードは使えません」といった回答をされる場合もないわけでもなく、冷や汗をかいてしまうこともなくもないですね。お勧めとしては可能な限りより多くの加盟店舗でクレジットカードが有効であるようにしたいのならば、もう一つの印(海外マーク)がプリントされた一般的なMasterCard、アメリカンエキスプレスカード、というようなクレジットカードを2、3枚申し込んでおくようにするとよいと思います(例:VISAカードをすでに持っているなら次はアメックスブランドのクレカを契約するほか)。特に国内ではVISA、MasterCard、JCBカードの3つの契約が書いてあるカードをその都度携帯しておけば返済状況に問題がない限り日本各地の加盟店舗で少なくとも1枚のカードを差し出すよう準備できていることになります。クレカを活用してキャッシュレス生活を目指すためには上記のカードを申し込んでおいていただきたいと思います。

Copyright (c) 2000 www.terasupito.com All Rights Reserved.